Skip to Main Content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

慶應

三田メディアセンター
Mita Media Center

慶應義塾図書館 展示室 展示情報

慶應義塾図書館1階展示室で開催している展示会のご案内です。

最新の展示情報

第354回企画展示 (西洋)文字景―慶應義塾図書館所蔵西洋貴重書にみる書体と活字

西洋のアルファベットは、古代から中世、近代へと、メディアの変化とともに多様化し、さまざまな書体がうまれました。手書き写本から活版印刷本へと、用途や環境に応じて変化していった書体が作り出す、紙面の風景を辿ります。

 

会期・開館時間

2021年4月14日 [水] 〜5月29日 [土] (終了しました)
(ただし、一般公開は4月19日[月]以降となります。)
平日9:00-18:20 土・日・祝日休室
(ただし、5月29日[土]は開室予定、5/29の開館時間は、9:00-16:50)
事前予約制(塾生・教職員は予約不要)

デジタル展示(展示会場の様子をご覧いただけます)
KeMCo(慶應義塾ミュージアム・コモンズ)360 VIEW
(KeMCoグランド・オープン記念企画「交景:クロス・スケープ」(文字景、集景)、関連展示「(西洋)文字景」のデジタル展示)

 

 

展示場所

慶應義塾図書館展示室 [三田] 東京都港区三田2-15-45 慶應義塾大学キャンパス内

 

主な展示資料

・A. N. L. マンビー旧蔵 書字の歴史に関する資料箱
・スルピキウス・セヴェルス「聖マルティヌス伝」(イングランド、12世紀中期)
・ヴァンサン・ド・ボーヴェ『自然の鑑』(シュトラースブルク、1476年)
・ラテン語時禱書(ローマ、1480年頃)
・リヨン式ミサ典書(リヨン、1500年)
・アンドレアス・ヴェサリウス『人体の構造について(ファブリカ)』(バーゼル、1543年)
 

主催

慶應義塾図書館、慶應義塾ミュージアム・コモンズ(KeMCo)
 

監修

松田隆美(慶應義塾ミュージアム・コモンズ機構長/慶應義塾大学文学部教授)、徳永聡子(慶應義塾大学文学部教授)