Skip to Main Content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

慶應

理工学メディアセンター
Media Center for Science and Technology

企画展示

選書ツアー

【期間】2019年12月2日(月)~2020年2月29日(土)
【場所】理工学メディアセンター創想館1階
【対象】在学生・教職員

9月20日、池袋にあるジュンク堂書店で選書ツアーを行いました。学生が実際に書店を訪れ、
読みたい本・メディアセンターに置いてほしい本、約300冊を選びました。
その中で一足早く整理できた本をまとめて、12月から創想館1階にて展示を行います。
貸出もできますので気になった本はぜひ借りて読んでみてください。
参加した5人がそれぞれ作成したPOPにも注目です。

アジア初の新元素 ニホニウム その発見と命名

【期間】2019年10月1日(火)~11月30日(土)
【場所】理工学メディアセンター創想館1階
【対象】在学生・教職員

今年は、ロシアの科学者 ドミトリ・メンデレーエフが周期律を発見してから150年という記念の年。
国連総会では、今年、2019年を、国際周期表年として祝うことが宣言されました。

周期表の中には、私たち日本人にとって非常に印象深い元素、ニホニウムが存在します。
理工学メディアセンターでも国際周期表年を記念し、113番元素ニホニウムの発見・命名に
至るまでの流れを、関連図書や最新の周期表とともに展示いたします。

誰もが一度は目にしたことのある周期表ですが、普段の研究や義務教育の授業で習ったときとは
また違った面白さを感じていただければ幸いです。

矢上での生活(オープンライブラリー連動企画)

【期間】2019年8月1日(木)~9月30日(月)
【場所】理工学メディアセンター創想館1階
【対象】オープンライブラリー来場者・在学生・教職員

矢上では何をしているの!?理工学部の進路とは!?
理工学メディアセンター学生スタッフの「矢上での生活」をポスターにしています!
学科ごとの特色や研究室での過ごし方、休日や趣味について十人十色の展示です。

これから学科選択をする学部1年生や研究室配属を控える3年生の方、ぜひ参考にしてみてください。
また、慶應理工を目指す高校生の方々も数年後の自分を思い描いてみてください。
この夏、理工学メディアセンターにお越しの際は、ぜひ足を止めてみてはいかがでしょうか。

サイバスロン車いすシリーズ3位入賞記念(オープンライブラリー連動小展示)

【期間】2019年8月1日(木)~9月30日(月)
【場所】理工学メディアセンター創想館1階
【対象】オープンライブラリー来場者・在学生・教職員

5月にカルッツかわさきで開催された、サイバスロン車いすシリーズにて、
本学の富田 豊 名誉教授と、機械工学科の石上 玄也 准教授が率いる
慶應義塾大学サイバスロンチーム「FORTISSISSIMO」が、
スイス・ロシアに次ぐ3位の成績を収めました。

これを記念し、大会の写真や動画を展示いたします。
ドアを開ける、階段を昇る・降りる、でこぼこの道を歩く…
日常生活の何気ない動きを車いすで行う難しさと、
それを可能にする車いすを開発した開発チームの努力、
そしてチームとその車いすを実際に操縦するパイロットとの信頼関係を
ぜひ感じてみてください。

古典に見る黎明期の数学~ユークリッド、オイラー、ガウス、アーベル~

【期間】2019年6月3日(月)~7月31日(水)
【場所】理工学メディアセンター創想館1階
【対象】在学生・教職員

数学は原始以前からその長い歴史を持っていますが、数学を語る際、黎明期に活躍した数学者たちを外すことはできません。

今回は、誰もが中学校で学んだことのある”ピタゴラスの定理”を証明したユークリッドのほか、
オイラー、ガウス、アーベルを取り上げ、図書館が所蔵する古典的な書物を展示します。
さらに、名前を冠する公式や、著者にまつわるエピソードに添えて関連図書もご紹介します。

あまりにも有名な数学者たちではありますが、あなたの知らない新たな発見があるのではないでしょうか。
日々の研究とはまた一味違う数学の面白さに触れてみてください。

理工学部教員の『私の一冊』

【期間】2019年4月2日(火)~5月31日(金)
【場所】理工学メディアセンター創想館1階
【対象】在学生・教職員

広報誌「理工学メディアセンターニュース」で連載中のコラム「私の一冊」では、
理工学部の先生方が学生の皆さんにお薦めしたい本を、あらゆる分野の中からご紹介くださっています。
今回は、2016年4月~2018年3月の間に掲載させていただいた、24名の先生方の「私の一冊」を一挙に展示いたします。

先生方が研究者を目指すきっかけとなった本、研究の合間のリラックスした時間に読む本…
「あの先生が、こんな本を!?」といった新たな発見もあるかもしれません。
展示中の図書も貸出可です。新学期のお供の本探しに、是非ご覧ください。

【関連URL】
理工学メディアセンターニュース(web版)
コラム「私の一冊」(web版)
「私の一冊」紹介図書一覧(要慶應ID)

慶應義塾大学 理工学メディアセンター レファレンス担当
TEL: 045-566-1477 email: rmc-ref-group@keio.jp
Website: https://www.lib.keio.ac.jp/scitech/