Skip to main content

LibQUAL+(R)

図書館サービス品質評価のための利用者調査アンケート”LibQUAL+®(ライブカル)”にご協力いただき、誠にありがとうございました。/ Thank you for cooperating with the web-based user survey LibQUAL+(R) to evaluate the quality of the library services.

調査結果の概要

 慶應義塾大学メディアセンターでは、図書館サービス品質評価のための利用者調査アンケート”LibQUAL+®(ライブカル)”を2017年11月1日~12月8日に実施しました。おかげさまで多数の回答を頂戴することができ、ご協力いただいた皆様に御礼申し上げます。調査結果につきましては、今後の図書館サービスの改善・向上のために活用させていただきます。以下、今回の調査結果を公開いたします。
 調査結果の詳細、各キャンパスの分析結果につきましては、リンクしているpdfをご参照ください。

1.調査概要

調査実施時期:2017年11月1日~12月8日

調査対象者: 全学部の学部生、院生、教職員、通信生の皆様

使用システム:LibQUAL+® Lite 

 

2.回答数

調査依頼メール送付数:48,062件

総回答数:15,193件

有効回答: 6,696件

コメント数: 4,509件(自由記述形式)

 

3.結果

・利用者グループ、よく使う図書館別の回答率

 回答いただいた方の内訳は、図1、2の通りです。利用者グループ別回答率(図1)では、学部生(65.4%)が最も多く、次いで大学院生(15.4%)教員(14.8%)、職員(3.6%)、図書館スタッフ(0.7%)となりました。また、よく使う図書館別回答率は、三田メディアセンターが35.9%、日吉メディアセンターが22.9%、理工学メディアセンターが12.6%、湘南藤沢メディアセンターが12%、次いで信濃町メディアセンターが10.9%、薬学メディアセンター2.7%、協生館図書室2.1%、看護医療学図書室が0.8%という結果となりました。

・期待度の高いサービス

 表1では「望ましいレベル」のランキングをもとに、期待度の高いサービス上位5位までを集計した結果を示しました。すべての利用者グループで「情報・資料」への期待値が最も高い結果となりました。利用者グループ別では、学部生グループは「場所」に、大学院生・教員グループでは、「情報・資料」への期待が集まっていることが確認されました。

・前回調査との比較

 2008年に行った調査結果(図3)と、今回の調査結果(図4)を比較しました。前回調査よりも、全体的に期待されるサービス(望ましいレベル)と実際のサービスレベルの差が小さくなっており、実際のサービスが望ましいレベルに近づいていることが読み取れます。

 

 

 

調査結果の詳細、各キャンパスの分析結果

各キャンパスの分析結果

よく使う図書館  キャンパス   Notebook 

 回答者数と 
 代表性 

 スコア分析    学部生    大学院生      教員         職員      図書館員 
慶應義塾大学メディアセンター 全地区
三田メディアセンター 三田
日吉メディアセンター 日吉 なし
信濃町メディアセンター 信濃町 なし
理工学メディアセンター 矢上 なし
湘南藤沢メディアセンター 湘南藤沢 なし
薬学メディアセンター 芝共立 なし なし
協生館図書室 日吉 なし なし
看護医療学図書室 湘南藤沢 なし なし