Skip to main content

図書館旧館(三田)改修工事に伴う資料移動について: Home

 明治45年竣工の図書館旧館本体部分および第1書庫は、首都直下地震の発生に備えた耐震補強・改修工事実施のため2016年1月より閉鎖され、収蔵資料は綱町別館、女子高別館地下1階倉庫、研究室棟地下書庫、および外部書庫に仮移転しておりました。

 この度、2019年6月に工事が終了し、仮移転している資料を戻すとともに、使いやすさと安全性の向上を目指した以下の計画を実施予定です。

  • 旧館は「経・商・文(外国語文学関係)・遠山」、南館図書室は「法学・政治学(法務研究科含む)」を中心に分野別に再配置します。
  • 地下1階第1書庫・第2書庫へ収容量の高い集密書架を設置します。
  • 地下2階~地上3階の各書庫にアクセスしやすいようエレベーターの利用を可能にします。(2020年度実施予定)
  • 入口ならびにサービスカウンターを3階から1階に移設します。(2020年度実施予定)

 そのため、一部の資料に利用(閲覧・貸出・取寄せ)できない期間が生じます。また実際の資料の配置場所とKOSMOSの表示が異なる状況が生じます。
 最新情報はWebページ等で随時お知らせして参ります。みなさまにはご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

資料再配置案(2019年5月時点)

再配置案

赤字が移動対象資料です。

※上記の他、現在新館B4F特殊書庫に配架されている「花井・村上・村田文書」「巻子本・別置本等」は旧館の閉架書庫に移動予定です。

今後のスケジュール(予定)

スケジュール
 

お問合せ先(三田メディアセンター閲覧担当)

利用者の皆さまにはご迷惑をおかけいたします。ご不便を最小限にとどめるよう努力いたしますので、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

慶應義塾大学 三田メディアセンター閲覧担当

Mail : mmc-cir-group@keio.jp