Skip to main content

国立国会図書館歴史的音源(れきおん): 利用について

国立国会図書館歴史的音源(れきおん)とは

国立国会図書館(NDL)は、1900年初頭から1950年頃までに国内で製造されたSP盤及び金属原盤等に収録された音楽・演説など、約5万のデジタル化された音源を、次のような方法で提供しています。

このうち「国立国会図書館/歴史的音源配信参加館内公開音源」については、三田メディアセンター内の指定端末で聴くことができます。

「館内限定公開音源」の利用方法

■利用対象者
  • 慶應義塾に所属する教職員、大学院生、学部生
  • 通信教育課程生のうち卒論登録をされた方もしくはスクーリング(通年・夏期・夜間)受講中の方
    ※塾員および一般の方は利用できません。
■利用申し込み

三田メディアセンター レファレンスカウンターにてお申込みください。
(ヘッドフォンを貸し出します。)
 

■利用場所

三田メディアセンター(新館)1階レファレンスカウンター脇「データベースエリア」の指定端末
 

■利用可能時間

※土・日・祝日ならびに休館日は利用できません。

  • 授業期間内:平日(月~金)8:45-21:30(受付は18:30まで)
  • 授業期間外:平日(月~金)8:45-19:30(受付は17:00まで)​
     
■利用上のご注意
  • 利用には、ITCアカウントが必要です。指定端末にご本人のアカウントでログインした後に、職員が当該サービスへのログインを行います。
  • 持ち込み機器(パソコン、USBメモリ等)の接続、録音等はできません

お問合せ先(三田)

慶應義塾大学三田メディアセンター
(慶應義塾図書館)

担当:  レファレンス担当
連絡先:
TEL: 03-5427-1658
FAX: 03-5427-1665

関連リンク:
質問のすゝめ

ホームページ