Skip to Main Content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

慶應

Keio University Research NAVI
慶應義塾大学リサーチナビ

統計資料を探す

国内外の統計資料の探し方です。

統計の種類

統計の種類や仕組み・その特性を知っていると、統計データを探す際に役立ちます。

統計の調査主体
まずは必要なデータが、どのような機関によって調査・提供されているかを考えましょう。確認すべき資料やデータベース、データが掲載されていそうなWebサイトなどを推測します。

作成機関 統計例
国(官公庁) 例: 国勢調査報告 ※その他の統計は総務省統計局掲載の統計を参照。
都道府県や市区町村 統計でみる都道府県・市区町村のすがた
民間企業や調査・研究機関による統計 NHKの世論調査
国際機関による統計 UNdata


代表的な調査方法・調査対象とその例
統計は調査対象や調査方法によって大別できます。そのためには、それぞれの特徴や違いを知っておく必要があります。

●調査対象による分類

調査方法 手法 代表的な統計調査 特徴
全数調査 調査対象の全ての要素を調査 国勢調査、事業所・企業統計調査など 大規模かつ網羅的に調査を行うため、精度が高いデータが得られます。ただし調査に時間がかかるため、どうしても速報性に欠けます。費用がかさむこともあり、多くは隔年もしくは数年おきに実施されます。
標本調査 対象の一部をサンプリングして行う調査 労働力調査、世論調査、ビデオリサーチ社の視聴率調査 など 全数調査と比べて少ないサンプル数を用いるため、迅速に結果が得られ、速報性が高いのが特徴です。月単位・日単位などの細かいデータを必要とする場合や、各年人口の動きを見るための「動態調査」を行う場合は、この標本調査の手法がとられます。ただし、サンプル数が少ないほどデータと実態の誤差・乖離が大きくなります。

 

●調査方法による違い

調査や業務に基づいて得られた統計データそのものを「一次統計」と総称します。一次統計やその他のデータを合わせて加工・編集したものを「二次統計」と呼びます。

調査方法 統計の概要 代表的な統計調査・統計資料 特徴
一次統計 調査統計 調査によりデータを収集したもの 国勢調査 調査目的に沿ったデータを取得することができます。
業務統計 業務の中で得られた数値を統計として編集したもの 財務省貿易統計(税関業務に基づく) 業務の中で作成されるため、比較的安価かつ簡便に作成できます。任意提出の書類など不完全な情報源から作成された場合、実態を表していない場合があります。
二次統計 加工統計 一次統計やその他のデータを、一定の条件(計算式等)で加工したもの 国民経済計算(GDPなど)、消費者物価指数 一次データではわかりにくい事象も指数化することで、動態や推移を把握しやすくなります。
総合統計 特定テーマに基づいて主要な統計をとり、再編集して提示したもの 日本統計年鑑 特定分野の統計データを一覧するのに役立ちます。また統計データの索引としても使えます。
歴史統計 特定の統計データを長期的かつ時系列的に収録したもの 日本長期統計総覧 ある事項に関して、長期的な統計データを得るのに役立ちます。

 

調べる媒体(電子/紙)

電子媒体は、エクセルなどの表計算ソフトや、RやStataなどの解析ソフト、GISソフトウェアなどに簡単に取り込むことができ、加工・編集しやすいのが特徴です。ただし古い年代の統計については紙媒体しかない場合もあります。電子と紙を使い分けることで、幅広く統計情報を得ることができます。以下に両者の特徴をまとめました。

媒体 取得方法 特徴
電子媒体 無料データベース 速報性が高く、無料で簡単に情報を手に入れられるのが特徴です。しかし中には情報源が不確かなものも含まれるため、官公庁のサイトを除いては注意が必要です。
例:e-Stat、各業界団体のWebサイト等
有料(契約)データベース 無料のものと同様、速報性が高いのが特徴です。有料公開の重要データなども含まれます。検索機能も充実しており、一部データを加工・編集してダウンロードできる利点もあります。
> データベースナビ
紙媒体 統計書等 公的統計をはじめ、統計を電子データとしてダウンロードできるものが増えています。しかし、一部のデータ(特に古いデータ)は紙媒体でしか入手できない場合が多々あります。紙媒体の特徴として、一覧性が高く、通覧が容易な点が挙げられます。