Skip to main content

統計資料の探し方: はじめに

国内外の統計資料の探し方です。

統計の種類

統計の種類や仕組み・その特性を知っていると、統計データを探す際に役立ちます。

統計の調査主体
自分の必要なデータは、どのような機関によって調査され提供されている可能性があるか考えましょう。確認するべき資料やデータベース、データが掲載されていそうなWebサイトなどを推測できます。

作成機関 統計例
国(官公庁) 例: 国勢調査報告 ※その他の統計は総務省統計局掲載の統計を参照。
都道府県や市区町村 統計でみる都道府県・市区町村のすがた
民間企業や調査・研究機関による統計 NHKの世論調査
国際機関による統計 UNdata


代表的な調査方法・調査対象とその例
統計は、調査方法や調査対象によって分類ができます。それぞれ特徴や違いがあることを認知しておく必要があります。

●調査対象による分類

調査方法 手法 調査例 特徴
全数調査 調査対象の全ての要素を調査 国勢調査、事業所・企業統計調査など 大規模に網羅的な調査を行うことから、データの精度は高くなりますが、費用が膨大となることや、時間がかかるために速報性に欠けます。多くは隔年や数年おきに実施されます。
標本調査 対象の一部をサンプリングして行う調査 労働力調査、世論調査、ビデオリサーチ社の視聴率調査 など 全数調査と比べて小さい標本数で調査を行うことから、迅速に結果が得られ、速報性が高いのが特徴です。月単位・日単位などの細かいデータを必要とする場合や各年人口の動きを見るといった「動態調査」をする場合は、標本調査で行います。しかし、標本が小さくなればなるほどデータと実態の誤差が大きくなります。

 

●調査方法による違い

調査やある業務に基づいて得られた統計データそのものを一次統計と総称します。一次統計やその他のデータを合わせて加工・編集したものを二次統計と言います。

調査方法 内容 調査例、資料名 特徴
一次統計 調査統計 統計データを取得するために、調査を行います。 国勢調査 調査目的に沿ったデータを取得することができます。
業務統計 業務の中で得られた数値を統計として編集します。 財務省貿易統計(税関の業務に基づく) 業務の中で作成されるため、比較的安価、か簡便に作成できます。提出が義務ではない届け出などがデータのソースである場合、実態を表していない場合があります。
二次統計 加工統計 一次統計やその他のデータをある一定の計算式等で加工して作成する統計データ。指数など。 国民経済計算(GDPなど)、消費者物価指数 一次データではわかりにくい事象などを指数化することで、動態を把握したりするのに役立ちます。
総合統計 あるテーマなどに基づいて主要な統計を収集し、再編集して提示したもの。 日本統計年鑑 ある分野に関する統計データを一覧するのに役立ちます。また統計データの索引としても使えます。
歴史統計 ある統計データを長期的な時系列で収録したもの。 日本長期統計総覧 ある事項に関して、長期的な統計データを取得したい時に役立ちます。

 

調べる媒体(電子データか冊子体か)

電子媒体は、エクセルなどの表計算ソフトや、R・Stataなどの解析ソフト、GISソフトウェアなどに簡単に取り込むことができ、加工・編集がしやすいのが特徴です。一方で、長期間のデータを取得しようとすると、一部は紙媒体しかないという場合もあります。また、紙媒体は一覧性が高いのも特徴です。電子データと冊子体との使い分けが必要です。

媒体 取得方法 特徴
電子媒体 無料データベース

速報性が高く、無料で簡単に手に入れられるのが特徴です。しかし中には情報源が不確かなものも含まれるため、官公庁のサイトを除いては注意が必要です。
例:e-stat、各業界団体のWebサイト等

有料(契約)データベース 無料のものと同様、速報性が高いのが特徴です。無料で公開されていない重要データなども含まれます。検索機能も充実しており、一部データを加工・編集してダウンロードしたりできる利点もあります。
> データベースナビ
紙媒体 統計書等

公的統計をはじめとして、統計が電子データとしてダウンロードできるものは多くなっていますが、特に古いデータは紙媒体でしか取得できない場合があります。また冊子体は一覧性が高く、ざっとどのようなデータがあるかを確認するのに役立ちます。

新館3F統計・年鑑コーナー(請求記号がST@で始まる資料群)に多く並んでいます。請求記号の2段目は数字で地域(2=アジア、3=ヨーロッパ、4=アフリカ、5=北アメリカ、6=南アメリカ、7=オセアニア、9国際その他)、文字で国(例 2CC=中国、3UK=イギリス、5US=アメリカ)をあらわしています。3段目は日本十進分類法に基づいた分類です。

お問合せ先(三田)

慶應義塾大学三田メディアセンター
(慶應義塾図書館)

担当: レファレンス
連絡先:
TEL: 03-5427-1658 
FAX: 03-5427-1665
サービス時間:
平日 8:45-18:30 (休業期間中は8:45-17:00)

関連リンク:
質問のすゝめ(オンラインレファレンス)
ホームページ