Skip to main content

新システム移行に関する最新情報: 9月以降の利用規則の変更点

1. 貸出期間の変更

全体的な変更は以下のとおりです。

学部生:
和書・洋書に関わらず、貸出期間を14日間に統一し、新たに更新最大期間を設け90日とします。

大学院生:
学位論文、雑誌の貸出期間を除き、大きな変更はありません。

教職員:
学位論文、雑誌の貸出期間を除き、大きな変更はありません。
ただし、財産管理の観点より、「更新回数無制限」から資料(貸出期間)ごとの最大更新期間を設けます(例:貸出期間90日資料→更新最大期間365日)。現在貸出中の図書にも、新たな貸出規則が適用されますのでご注意ください。

上記以外にも、各メディアセンターにおいて規則の変更があります。各メディアセンター・図書室タブより内容をご確認ください。

具体的な変更は以下のとおりです。(下線は変更点)

①学部生の和書と洋書の貸出期間を14日間に統一します。

対象キャンパス 貸出期間
和書 洋書
三田・日吉・理工・信濃町・藤沢・薬学・看護医療 14日 14日

②学位論文の貸出期間を学部生・大学院生・教職員とも7日間に統一します。(協生館以外)

       

対象キャンパス 貸出期間
学部生 大学院生 教職員
三田・理工・藤沢・薬学・看護医療 7日
協生館 × 30日

③雑誌の貸出期間を7日間に統一します。(三田・日吉・協生館は貸出不可)

      

対象キャンパス 貸出期間
学部生 大学院生 教職員
理工・信濃町・藤沢・薬学・看護医療 7日

2.更新規則の変更

回数から「資料(貸出期間)」に基づく最大期間に変更します。教職員にも更新の上限を設けます。
次に予約が入っていない場合は、最大更新期間まで利用可能ですが、延滞更新の際には延滞金(10円/日)が発生します。

貸出期間 更新最大期間
7日 21日
14日 90日
30日 90日
90日 365日

3. 休校期間中の長期貸出

慶應義塾大学所属者のみを対象とし、14日・30日貸出資料に対して適用します。(一部例外あり)

4.山中資料センター配架資料の貸出規則の統一

身分を問わず、7日間(雑誌)・90日間(図書)・貸出不可(レファレンス資料等)の3種類の規則に統一します。

5. 「返却期限日のお知らせ」の自動送信タイミングの統一

すべての資料に対して一律で返却期限日2日前と当日の2回、自動送信します。

6. 返却時の運用変更

メディアセンター(図書館)への入館、貸出だけでなく、返却の際にも学生証・教職員証・図書利用券の提示が必要になります。(ただし、ブックポストへの返却は現行通りです。)

7.予約・取寄せ方法の変更

同じ資料が複数冊ある場合、「タイトル」に取寄せ・予約ができるようになりました。
上下巻や巻号付の資料は、これまで同様に「資料」1冊毎に取寄せ・予約をします。
同じ「タイトル」には、1人1件のみ取寄せ・予約ができ、システムが最も早く入手可能な資料を選びご用意いたします。
ただし、取寄せ・予約したい資料が【在架】の場合は、受取館に指定することはできません。