Skip to main content

keio.jpとは: Home

keio.jpとは?

「keio.jp」は、慶應義塾における共通認証システムです。
keio.jpで利用できるメディアセンターのサービス共通認証システムでは、利用者は、認証を一回行うだけで、塾内の様々な認証を必要とするサービスを、何度もIDやパスワードを入れ直すことなく利用することができます。
「keio.jp」を利用するには「慶應ID」が必要です。 「keio.jp」や「慶應ID」については、下記のページをご覧ください。

 「keio.jp」説明ページ(慶應義塾ITC)

 「keio.jp」利用マニュアル(慶應義塾ITC)​

メディアセンターが提供する以下のサービスを利用するには、慶應IDが必要です。

 My Library(KOSMOS)  / リモートアクセス

My Library (KOSMOS)

My Libraryでは、自分がメディアセンターから借りている資料の照会や更新ができるほか、貸出中資料への予約や、他地区資料の取寄せ申し込みができます。

アクセス方法

1. keio.jpポータルにログインする

  

2. 左側メニュー「カテゴリ別表示」→「メディアセンター」→「KOSMOS My Library」を選択

  

 

※ My Library へは、上記の keio.jpポータル のほか、KOSMOSからもログインすることができます。

  KOSMOS My Library

リモートアクセスを利用する

リモートアクセスとは、慶應義塾大学所属者が、自宅や外出先からメディアセンターが提供する電子ブック・電子ジャーナル・データベースへアクセスするためのサービスです。  提供元との契約により、利用は慶應義塾大学の学部生、大学院生、教職員に限定されています。

アクセス方法

1. keio.jpポータルにログインする

  

2. 左側メニュー「カテゴリ別表示」→「メディアセンター」→「電子ジャーナル/ データベース」を選択

  

3. 以下の画面で、利用したいコンテンツ(電子ジャーナル、もしくはデータベース)のいずれかを選択

  

  

慶應義塾大学学認システムで電子ジャーナル等にアクセスする

慶應義塾大学学術認証システムとは、慶應IDを用いて、様々なサービスに一元的にアクセスできるサービスです。詳しくは、こちらをご覧ください。現在、学術認証システムを利用して以下の2つのサイトに直接アクセスすることができます。セッション数超過でデータベースナビにログインできなかったり、KOSMOSからのアクセス途中でエラーが表示される場合などにご利用ください。


Science Direct/Scopusの場合

ScienceDirectには、Elsevier社が出版する電子ジャーナルが収録されています。

1.  ScienceDirectまたはScopusにアクセスし、右上のSign inをクリック
undefined

 

2. ログインの画面が出たら、下部の You can also sign in via your instition... のsign in をクリック
undefined

※以下の画面が表示される場合は、Sign in with a differnt accountをクリックしてください。
undefined

3. 以下の画面が現れたら、自分の慶應IDのアカウント(xx@keio.jp)を入力
undefined

 

4. 以下の画面が出たら、Sign in via your instituionをクリック、keio.jpログイン画面が出るので、ログイン。
undefined

5. 利用規約が表示されるので、読んだ上で末尾の「利用規約に同意する」にチェックをいれて「はい」をクリック
undefinedundefined

 

6. 以下の画面が表示されたら、選択肢からいずれかを選んで、「許可」をクリック(どれを選択してもアクセスできます)
undefined
右上に、You have Institutional Accessと表示されていれば成功です。

NII-REOの場合

1. NII-REOにアクセスし、電子ジャーナルアーカイブか、人文社会科学系電子コレクションを選択

 

2. 右上のログインをクリック
undefined

 

3. 以下の画面が表示されたら、慶應義塾大学担っていることを確認して「選択」ボタンを押し、画面に従って慶應IDでログインをしてください。
undefined

 

4. あとは、ScienceDirectの5.以降と同じです。

お問い合わせ先(レファレンス)

 

慶應義塾大学 メディアセンター
レファレンス担当

email: 

質問のすゝめ (オンラインレファレンス)