Skip to main content

KOSMOSヘルプ

翻字表・綴方表

ヘボン式ローマ字綴方表


A

I

U

E

O

KA

KI

KU

KE

KO

SA

SHI

SU

SE

SO

TA

CHI

TSU

TE

TO

NA

NI

NU

NE

NO

HA

HI

FU

HE

HO

MA

MI

MU

ME

MO

YA
 
YU
 
YO

RA

RI

RU

RE

RO

WA
うぃ
WI
     

N
       

GA

GI

GU

GE
ご 
GO

ZA

JI

ZU

ZE

ZO

DA

JI

ZU

DE

DO

BA

BI

BU

BE

BO

PA

PI

PU

PE

PO
ふぁ
FA
ふぃ
FI

FU
ふぇ
FE
ふぉ
FO
ヴァ
VA
ヴィ
VI

VU
ヴェ
VE
ヴォ
VO
  ティ
TI
トゥ
TU
   
  ディ
DI
ドゥ
DU
   
きゃ
KYA
  きゅ
KYU
  きょ
KYO
しゃ
SHA
  しゅ
SHU
  しょ
SHO
ちゃ
CHA
  ちゅ
CHU
  ちょ
CHO
にゃ
NYA
  にゅ
NYU
  にょ
NYO
ひゃ
HYA
  ひゅ
HYU
  ひょ
HYO
みゃ
MYA
  みゅ
MYU
  みょ
MYO
りゃ
RYA
  りゅ
RYU
  りょ
RYO
ぎゃ
GYA
  ぎゅ
GYU
  ぎょ
GYO
じゃ
JA
  じゅ
JU
  じょ
JO
びゃ
BYA
  びゅ
BYU
  びょ
BYO
ぴゃ
PYA
  ぴゅ
PYU
  ぴょ
PYO
    テュ
TYU
   
    デュ
DYU
   
注意点
1.促音「っ」 子音を重ねて示す /日本(にっぽん)・・・NIPPON
※CCのときはTCと記述する/一致(いっち)・・・ITCHI
2.長音「ー」 長音や長母音(「ー」に置き換えられる母音)は省略する。
大阪(おおさか)・・・OSAKA
3.撥音「ん」 すべてNと記述する(一般のヘボン式のルールと異なります)

マッキューン・ライシャワー(McCune-Reischauer)式翻字表

※表を使った翻字方法はこちら

<表1>音節表

[1]子音→
 
【注1】

ㅋ ㄲ 
【注2】
ㅂ 
ㅍ  ㅃ
【注3】

ㅌ  ㄸ
【注4】

ㅊ  ㅉ
【注5】

1st 2nd
【注7】

1st 2nd
【注7】

 
 

ㅆ 
【注6】

 
 
[2]母音↓   k p t ch n l m t h
a  아 ka  가 pa  바 ta  다 cha  자 na  나  na na  라  ra ma  마 sa  사 ha 하
ya  야 kya  갸 pya  뱌 cha  댜 cha  쟈 ya  냐  nya ya  랴  rya mya  먀 sa  샤 hya  햐
ŏ 어 kŏ  거 pŏ  버 tŏ  더 chŏ  저 nŏ  너  nŏ nŏ  러  nŏ mŏ  머 sŏ  서 hŏ  허
yŏ  여 kyŏ  겨 pyŏ  벼 chŏ  뎌 chŏ  져 yŏ  녀  nyŏ yŏ  려  ryŏ myŏ  며 sŏ  셔 hyŏ  혀
o  오 ko  고 po  보 to  도 cho  조 no  노  no no  로  ro mo  모 so  소 ho  호
yo  요 kyo  교 pyo  뵤 cho  됴 cho  죠 yo  뇨  nyo yo  료  ryo myo  묘 so  쇼 hyo  효
u 우 ku  구 pu  부 tu  두 chu  주 nu  누  nyu nu  루  ryu mu  무 su  수 hu  후
yu  유 kyu  규 pyu  뷰 chu  듀 chu  쥬 yu  뉴  nyu yu  류  ryu myu  뮤 su  슈 hyu  휴
ǔ  으 kǔ  그 pǔ  브 tǔ  드 chǔ  즈 nǔ  느  nǔ nǔ  르  rǔ mu  므 sǔ  스 hǔ  흐
i  이 ki  기 pi  비 chi  디 chi  지 i  니  ni i  리  ri mi  미 si  시 hi  히
ae  애 kae  개 pae  배 tae  대 chae  재 nae  내  nae nae  래  rae mae  매 sae  매 hae  해
yae  얘 kyae  걔                
e  에 ke  게 pe  베 te  데 che  제 ne  네  ne ne  레  re me  메 se  세 he  헤
ye  예 kye  계 pye  볘 che  뎨 che  졔 ye  녜  nye ye  례  rye mye  몌 se  셰 hye  혜
oe 외 koe  괴 poe  뵈 toe  되 choe  죄 noe  뇌  noe noe  뢰  roe moe  뫼 soe  쇠 hoe  회
ǔi  의 ki  긔 pi  븨 ti  듸 chi  즤 ni  늬  ni ni  릐  ri mi  믜 si  싀 hǔi  희
wi  위 kwi  귀 pi  뷔 twi  뒤 chwi  쥐 nwi  뉘  nwi nwi  뤼  rwi mi  뮈 shwi  쉬 hwi  휘
wa  와 kwa  과 pwa  봐 twa  돠 chwa  좌 nwa  놔  nwa nwa  롸  rwa mwa  뫄 swa  솨 hwa  화
wae  왜 kwae  괘 pwae  봬 twae  돼 chwae  좨 nwae  놰  nwae nwae  뢔  rwae mwae  뫠 swae  쇄 hwae  홰
wŏ  워 kwŏ  궈 pwŏ  붜 twŏ  둬 chwŏ  줘 nwŏ  눠  nwo nwŏ  뤄  rwo mwŏ  뭐 swŏ  숴 hwŏ  훠
we  웨 kwe  궤 pwe  붸 twe  뒈 chwe  줴 nwe  눼  nwe nwe  뤠  rwe mwe  뭬 swe  쉐 hwe  훼
音節の末尾 ng  ㅇ k  ㄱ p  ㅂ t  ㄷ t  ㅈ n  ㄴ l  ㄹ m  ㅁ t  ㅅ h  ㅎ

参考:『日本目録規則』 1965年版の追加規則および修正・増補事項 p.198-202 (一部変更しています)

【注1】 子音字ㅇは、音節の最初につくときはローマ字では表記せず、 音節の末尾につくときは ng とします。

  ↓の場合 表1の…
【注2】 k の部分を k' に変更
k の部分を kk に変更
【注3】 p の部分を p' に変更
p の部分を pp に変更
【注4】 t の部分を t' に変更
特に変更無し(ㄷと同じ)
【注5】 ch の部分を ch' に変更
ch の部分を tch に変更
【注6】 s や sh の部分を ss に変更

【注7】 単語の先頭にくる場合は 1st の表記を用います。その他全ての音節においては 2nd の表記を用います。

<表2>子音の音便変化表  [1]音節の末尾の子音 + [2]次に続く音節の頭の子音 =

  [2]→ ch
ch'
tch
h
k
k'
kk
m
n
p
p'
pp
r
s
ss
t
t'
tt
[1]↓   j ch' tch h g k' kk m n b p' pp r s ss d t' tt
k 
g kch kch' ktch kh kk kk' kk ngm ngn kp kp' kpp ngn ks kss kt kt' ktt
l 
r lch lch' ltch rh lg lk' lkk lm l lb lp' lpp ll ls lss lt lt' ltt
m 
m mj mch' mtch mh mg mk' mkk mm mn mb mp' mpp mn ms mss md mt' mtt
n 
n nj nch' ntch nh n'g nk' nkk nm nn nb np' npp ll ns nss nd nt' ntt
ng 
ng ngj ngch' ngtch ngh ngg ngk' ngkk ngm ngn ngb ngp' ngpp ngn ngs ngss ngd ngt' ngtt
p 
b pch pch' ptch ph pk pk' pkk mm mn pp pp' pp mn ps pss pt pt' ptt
t 
d tch tch' tch ht kk tk' tkk nm nn pp tp' tpp nn ss ss tt tt' tt

参考:『日本目録規則』 1965年版の追加規則および修正・増補事項 p.198-202 (一部変更しています)

【注】 不規則変化する結合字は赤で示しました。

【注】イタリック体で表示した結合字には例外があります。詳しくは下記を参照してください。
『日本目録規則』 1965年版の追加規則および修正・増補事項 p.198-202
『ALA-LC Romanization Tables』(Korean) [ http://www.loc.gov/catdir/cpso/roman.html ]

<表を使った翻字方法>

【1】まずキーワードをハングルで書きます。
        ​(例)博物館 → 박물관       (例)研究 → 연구

【2】<表1>に従って、各音節をひとつずつローマ字に翻字します。

1. ハングルを1文字ずつに分ける
2. 音節に分ける (ㅂ + ㅏ)  +  ㄱ (ㅁ + ㅜ) + ㄹ (ㄱ + ㅘ) + ㄴ
3. 表1を使って翻字する [1]の行+[2]の列)+[2]の「末尾の音節」の行
pa + k mu + l kwa + n
4. 完成 pakmul kwan
yo + n ku
yonku

【3】<表2>に従って、中間子音字を修正します。

1.
 
2. 表2を使って子音の音便変化をさせる
[1]の列+[2]の行
3. 翻字完成
 
4. 実際に入力する綴り
 
pakmul kwan k + m = ngm pangmul kwan pangmulkwan
yonku n + k = n'g yon'gu yon'gu
yongu

【4】入力する時には、以下のことに気をつけてください。

  • ŏo と入力し、 ǔu と入力する
  • アポストロフィやハイフンは、入れた表記と入れない表記、両方で検索する
  • ' (アポストロフィ)や -(ハイフン)は半角で入れる 
  • 大文字と小文字の区別はない
  • スペースは入れなくてもかまわない