Skip to main content

KOSMOSヘルプ

検索語の入力方法

キーワードの入力方法が間違っていると正しい検索結果を得ることができません。
以下の方法を使いこなすことで、より的確に検索結果を絞り込むことができます。

KOSMOSの検索規則

外国人著者を検索する場合は元の綴りで入力してください。

例) × マックス ウェーバー    ○ Max Weber

フレーズ検索
 

2語以上の検索語でそのままの形(語順)で検索することをフレーズ検索と呼びます。熟語や2単語以上の固有名詞で検索するときに便利です。フレーズを " " (二重引用符 )で囲んでください。検索語とフレーズは組み合わせて検索することもできます。

注:図書館内にあるKOSMOS専用端末からは、電子ジャーナル、電子ブックは利用できません。

注:フレーズが引用符で囲まれていない場合は、検索語の入力順序や隣接している/いないに関わらず、すべての語をどこかに含む資料を検索します。

例) global warming を単一の用語として検索したい。

OR検索

入力した検索語のうち、少なくともひとつを含む資料を検索します。検索語の間にORを入力してください。OR は大文字で入力してください。

 注: 検索語やフレーズの間に OR や NOT が無い場合、入力した語句すべてを含む資料を検索します。

例) 「地球温暖化」または「気候変動」を含む資料を検索したい。

NOT検索(単語やフレーズを除外した検索)

除外したい検索語の前に NOT を入力すると、その語を検索対象から外すことができます。NOT は大文字で入力してください。

注: 検索語やフレーズの間に OR や NOT が無い場合、入力した語句すべてを含む資料を検索します。

例) 「地球温暖化」を含み、かつ「排出量」を含まない資料を検索したい。

ワイルドカード検索
 

英語で検索する場合は、以下の指定ができます。

? - 任意の一文字を指定したいとき
例) 「wom?n」と入力すると、「woman」 「women」等が検索されます。
* - 任意の複数文字を指定したいとき
例) 「function*」と入力すると、「functional」「functionality」等が検索されます。

日本語・中国語の場合は、* や ? を単語中に使った検索はできません。

例) 慶?義塾 ×

また語尾に * や ? を付けなくても自動的にワイルドカード検索になります。

検索語のグループ化

検索式のなかで、括弧 ( ) を使って、検索語をグループ化することができます。

例) 「Shakespeare」を含み、かつ「tragedy」または「sonnet」を含む資料を検索したい。